三児のリベラル
*
ホーム > テクニック > 為替レート

為替レート

「スプレッド」とはFX投資は外貨を買ったり、売ったりすることによって利益を生み出す商取引です。

 

売り買いの価格は、四六時中上がったり下がったりします。

 

これが為替レートです。

 

インターネットでニュースをみていると、通貨の情報が流れるケースがあります。

 

「本日のドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを意味しています。

 

別の言い方をすると、買値と売値の2個の価格があります。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表している取引会社もあったりします。

 

通常は売値のほうが買値よりも安く設定されています。

 

私達が買値は高く、売値は安くなるはずです。

 

この差分をスプレッドといい、FX業者の収入となっています。

 

スプレッドはFX会社によって違います。

 

スプレッドの幅は利用者にとって負担になるので、低い業者をセレクトしたほうが有利です。

 

ただし、同じFX会社でも場面によってスプレッドの狭さは広くなったり狭くなったりします。

 

例えば円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの幅であるとしても、市場の動きが大きい状態では1銭よりも大きくなったりするのです。

 

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい、変化しないのが肝心です。

 

現在では固定でスプレッドの差を提示する業者もいろいろあったりします。

 

実際に取引業者のトレード画面の上で実際の為替レートをチェックしなければ評価できないので手間がかかりますが、肝心な事です。

 

重要なお金を賭けてエントリーしますので、本当の売り買いの前に関心があるFX業者の新規取引口座開設を試して、表示されているスプレッドの差を確かめましょう。

 

同じ通貨の組合せ、その時間帯の外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッドの広さは変わります。

 

おおむね、インターバンク市場で流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが狭く、残りの通貨では広くなる事があります。

 


関連記事

為替レート
「スプレッド」とはFX投資は外貨を買ったり、売ったりすることによって利益を生み出...
以降の保証人
破産申告を検討する人で自分の返済義務にあたりその保証人がいる場合には事前にきちん...
テスト
テスト記事です。...